• Ishikawa-legi

右へならえ



魚の群れが一匹一匹は何も考えず群れに従って泳いでいるように、日本人は何も考えず集団の中で群れて暮らしているのかもしれません。どこへ行くとか何をするとか自分では考えなくても右へならえしていればいいので、これはとても楽です。

群れの中にいる時は、一匹だけ目立ったらいけなくて、みんなと同じ色でなければなりません。これも「今日は何を着よう?」とか考えなくていいので楽かもしれません。

でも逆に捕まる時は文字どおり一網打尽です。行く先で大きなクジラが口を開けて待っているとかいう時は、群れから離反して一匹になってでも助からないと、みんな絶滅してしまいます。

絶滅も仕方ない。これが運命かな。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所