• Ishikawa-legi

仕事が趣味


最近の傾向として、「仕事が趣味」は軽蔑されがちである、と気づきました。以前は賞賛された生き方だったのに・・・。

では今はみなさんどうしているかというと、「余暇を全力で楽しむ」。私の周りでもみんな、ヨサコイ、マラソン、テニス、空手、登山、自転車などの趣味を持っていて、それがかなりハイレベルで玄人はだしです。仕事以外のところで自己実現を目指していく生き方がかっこいい、という価値観が主流となっているのを感じます。

職場ではごくほんの一部の”魂を汚した人”しか勝利者になりえず、大部分の人はがんばっても使い捨てにされ行き詰りやすい現代で、つぶされずに生き抜くにはどうするか。たくましく考えていかねばなりません。


20回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所