• Ishikawa-legi

Dying all the time


先週6月13日同じ年の従兄が肺疾患で亡くなりました。やはりショックです。小さい頃おじいちゃんに買ってもらった消防自動車のおもちゃで一緒に遊んだのに。

彼はとても博識で物知りで予備校の人気講師だったけど、都会の真ん中で独身で過ごし、お酒を飲んで紛らせ、最後は体を壊して絶望していたと思います。臨終の床には彼が中学生の頃に離婚した両親が寄り添っていたそうで、家族再生が間に合ったと彼のためにも思いたいです。

”Dying all the time”はローリング・ストーンズの歌ルビー・チュースデイの中に出てくる歌詞で、失恋したキースがつらくて死にそうだと言っているのですが、なぜかこの箇所を聞くと、家族がいるのに孤独で死にそうな人たちをたくさん思い浮かべてしまうので、タイトルにしました。


20回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所