• Ishikawa-legi

なんとかしてあげなきゃ!


例えば、指にトゲが刺さって苦しんでいる人を見かけたとします。その時すかさず、「あっ、大変!なんとかしなきゃ!」と反射的に思う、この心の働きはいったいどこから来るのでしょうか?

人を助ける行為は、私利ではなく他利です。人を助けたら、自分の時間や労力を使うわけでむしろ自分は損をします。それでも「助けなきゃ」という精神は、やはり親から教わるのだと思います。

昔、ブラジル人のサンドラが2歳の娘に、 ”Be nice.” ”Be kind.” とことあるごとに他者に対する態度を教え込んでいたのを思い出しました。今の日本人の母でこんなことを子どもに教えている人は本当に少ないでしょう。逆に自分の権利ばかり主張することを教えていて、これじゃ日本は滅ぶのは当たり前です。

なぜ母が子どもに人助けを教えなくなったのか?一つには忙しすぎて教える時間がなくなったことがあげられるでしょう。それから「自分のために生きろ」というプロパガンダの流布。自分のためだけに生きる母を見て、子どもはどうして人助けができるようになるでしょう?

人は一人で生きているのではありません。群れのなかで集団で助け合って生きているのです。仲間は助けなければ、自分も生きていけなくなるのです。外から来た悪い連中がそこを破壊しにかかってきて、日本人が見事にその策略にひっかかってしまったのは残念極まりない限りです。


28回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所