• Ishikawa-legi

故T先生


なぜか夢に、数年前に亡くなったT先生が出てきました。高知県でお葬式に出席することになり式場に行ったのですが、場所がわからず迷っていたところ、T先生が現れて「こっちだよ」と白黒の階段を下って案内してくださるという夢です。

T先生は高知県出身ではないし、かなり以前に職場で短期間ご一緒しただけのご縁の先生でした。職場が離れてからも時々スーパーでお会いすることがありましたが、特にそれ以上のお付き合いはなかったのですが…。なぜ夢に?

とにかく亡くなった方が夢に出てきた時は、何か意味があると思い、色々生活を見直してみることにしています。

散歩途中にあるお地蔵さんを通り過ぎるのをやめてお参りするようにしたり、遠方で一人暮らししている父に会いに行こうと計画を立てたり、色々気づくことがあります。

一番気づくのは、なんて私バカだったのだろう、ということですかね!今からでも遅くない、少しずつ丁寧に暮らしていくことができればいいのですが。


18回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所