• Ishikawa-legi

「学校の判断は適切だったのか。」



教育現場で何か起こるたび、「学校の判断は適切だったのか」という論調がメディアに出る。これには明らかに何らかの意図が感じられるが、一体我々をどこへ誘導しようとしているのだろうか。

児童が猛暑の中、校外学習をしなければならない”雰囲気”になったことこそ責められるべきシロモノであり、また、「体調悪ければ、教室に残っていてね。」という雰囲気がなかったことも問題である。

そしてこの窮屈な全体主義的”雰囲気”は、確かに日本固有のものであるが、昔は抜け穴がたくさんがあって、もっと気楽なものだった。

昔は、「いちぬけた~」と言ってのんきに教室に残る彼を見ても、「いいの、いいの」と放っておいて校外学習に行き、帰ってくればまた彼も混ぜて和気あいあいと過ごす、ぐらいの度量が余裕で存在した。

今のように、”雰囲気”が彼を死ぬまで追い詰めたりすることはなかった。となれば、抜け穴をひとつひとつ潰していって抜き差しならぬものにまで浄化させていった魔物がいるわけで、この魔物退治こそ我々が真っ先にせねばならないことであるのは明らかだ。


23回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所