• Ishikawa-legi

お墓作ってあげてね


昨日行ったバーのママはオカマさんで、東京のお店から転勤でこちらに来た人だった。彼のよると、銀座なんかのオカマやニューハーフのママには自殺する人が多いそうだ。

オカマさんも40代後半から50代にさしかかると、ホルモン注射や整形などいくらしても限界になって崩れてきて、悲観して、その他いろいろなことがあって、「今日はママ、お店に来ない。」と思って見に行くと、部屋で首吊って死んでいたりするそうだ。

「いろいろなことって?」と聞いてみたら、

「いろいろなことよ〜」とかわされた。

「孤独とか?」とさらに聞いたけど、「うーん」としか答えてもらえなかった。

オカマさんは家族もないし、刹那的な職業で、年いってからのこと考えたら本当に気の毒でかわいそうになった。どこかで何かが違う方向へ行ったのは、誰のせいでもない。

部屋で首吊って死んだ後、ちゃんとお墓作って弔ってもらえるんだろうか? 余計なお世話と言われるかもしれないけど、お墓は作ってあげてほしいと心から思う。


30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所