• Ishikawa-legi

治外法権


日本に住んでいる限り、日本政府の魔の手から逃れることはできないのか?どこかに安楽の地はないのか?

国内にいればどこにいようと、政府は税金をむしり取り、食べ物に毒を盛り、水に毒を入れ、毒ワクチンを注射し、人工自然災害を起こして、国民を抹殺しようとしてくる。

福島第一原発事故後の警戒区域に住み続けている松村直登さんは、「国が居住を禁止しているのに、なぜそれを破るのか?」と問われて、「国が悪いのか、俺が悪いのか。」「少なくとも俺は間違っていない」と答えている。

日本の政府は世界最低だ。でもこれをゆるしたのは、紛れもない私たちだ。


10回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所