• Ishikawa-legi

反原発


「原子力は国家犯罪であり、企業のみならず、政府、警察、マスコミ、そしてヤクザまでが全部グルである。」 「彼らに不都合な真実を告発すれば、当然、自分の身が危険に晒される。殺される可能性も高い。誰も守ってくれない。」 「政府、大企業を敵に回して、命をかけて戦う覚悟があるか、よく自分自身に問うことだ。平和で安全・安泰な人生を歩みたいのなら、告発はやめることだ。従順な羊のまま人生を終えること。」 「自らを犠牲にしても不正を正したいと強い意志がある人にのみ告発の資格はある。」

http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/821.html

学生時代に広瀬隆氏の反原発講演会を聞きに行ったことがあるのだが、最近の広瀬氏はどういう方向性になったかと思い、彼の動画を見たり本を買って読んだりした。結果、肝心要なところで彼は「お茶を濁している!」「ケムにまいている!」「はぐらかして、ごまかしている!」

ああ、彼もあちら側に組み込まれたか!とショックだった。でも上のブログにあるように、原発は国家犯罪なのだ。誰であれ到底無理なのだ。

しかし到底無理な時代が永久に続くわけがないのだ。こんなことを続けていたら必ず矛盾が噴出し限界が来る。そして道理が戻る時代がやってくる。もうすぐだ。


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所