• Ishikawa-legi

「アインシュタインはすごい!」


コンビニで買ってきた「図解:相対性理論・量子論」という本をパラパラとめくりながら、夫が言った。

「アインシュタインはすごい!」

「へー、どこがすごいの?」私は聞いた。

「こんなにたくさんのノーベル賞受賞者を従えて、一番前に座っている!」


まったく!

夫が、ここまで惑わされやすいとはあきれる。その人物のすごさを、一緒に写っている人物&座っている位置で測るなんて、権威主義の最たるものではないか。

「じゃ、貧乏人30人の一番後ろにアインシュタインが写っていたら、すごくないの?」と聞いてみたら、夫は、

「すごくない。」と答えた。なんじゃ、そりゃ。

大体この写真は、20世紀の核開発と世界支配の陰謀を一般人の目からごまかすためのイルミナティの策略写真にすぎない。ノーベル賞だってインチキの賜物で、アインシュタインは目くらましの道化役だ。

ここまで日本が荒廃させられ地獄の底に投げ入れられ苦しんでいるのに、それを微塵も感じとらない夫の鈍感さと能天気さに、ひどくイラつきをおぼえた。

しかしふと気づいたのだが、夫は一応、職場で集合写真を撮るときにいつでもこのアインシュタインの位置に座っている人物、そういう立場にある人間だったのだ。つまり夫は、単に既得権益を手放したくないだけだったのだ。

一方、私は写真を撮るときはいつでも後ろの列の端っこに追いやられる。でも、いつもこういう立場にいたからこそ、じっと見てきてわかったこと(中央に座っている人物の権威のはかなさなど)がたくさんあると今では思っている。

20〜21世紀、ここまで嘘と欺瞞を塗り重ねてきたので、もはや崩壊寸前だ。この写真はいろんな意味で象徴的だと思う。


26回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所