• Ishikawa-legi

世界一かわいそうな国、日本。


昨日のケムトレイルも激しかった。朝から夕方まで空に縦横無尽に死の落書きだ。7月の豪暑の次は、冷寒夏を演出する気で保冷剤でもまいているのか。

でもこんな空を見ても、みんな何にも思わない。誰も何もしない。通りの人たちはせっせ、せっせと夏休み活動中だ。

アメリカもケムトレイルが激しかったが、市民運動により沈静化した。市民が激怒して何年も前から集会を開き活動してきた。

日本人はケムトレイルのことを歯牙にもかけない(これがこの言葉の正しい使い方かわからないが)。毎日やられ放題やられている。

なんで神様は私をこんな世界で一番かわいそうな国に生まれさせたのか、時々考えるがわからない。なんでやろ?

もうじき、国が撃沈する。JAL123便の乗客が両足の間に頭を入れて足首を握り全身に力をこめて墜落体勢をとったみたいに、覚悟を決めて体勢をとらなければ。

墜落の瞬間の大衝撃が来て、その後何人生き残れるか? JAL123便ではたった4人だった。



27回の閲覧

© 2016 石川レジティメシー研究所