• Ishikawa-legi

井戸


先日、少し離れた近所で井戸を作る工事をしているのを見かけた。クレーンみたいな大きな重機で掘っていた。

水道民営化で水道料金が9倍になり、フランスのロスチャイルド系水道会社がピンハネして持っていくくらいなら、水道いらない。井戸掘ればいい。

夫は小さい頃、実家で井戸の水を使っていたそうだ。夏は冷たくて冬は暖かくて、とても美味しかったらしい。それが近くに半導体工場ができて、地下水を大量に組み上げたので、井戸が枯渇し水がなくなってしまったそうだ。

そして夫の実家は水道水に変わったけど、夏はぬるくて冬は冷たく、カルキ臭くてまずい。「変なの」と思ったそうだ。

そういえば「野焼き禁止令」も陰謀だ。昔はゴミは自宅の庭で燃やしたり肥料にしたりしてたのに、法律でゴミの自家処理を禁じて、結局ゴミは有料化になってしまった。4、50年かけてじわじわと真綿で首をしめるように計画的に、国民は金をむしり取られ丸ハゲにされてしまった。


20回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所