• Ishikawa-legi

「目立ちたい」


仕事ってなんだろう。「賃金を得るだけでなく、社会貢献の意味もある」と引きこもりで苦しむ40歳男性が答えたので、涙が出た。

ある男性医師が同窓会誌に書いていた。

「自分は中学の時に陸上をやっていたが、背が小さく素質もないため、才能ある奴にはどうやっても勝てない。ではどうするかと考え、勉強なら目立てると思い、陸上はやめて一生懸命勉強して医者になった。」

思わず、隣にいる夫に言ってしまった。

「えー!この先生は目立ちたいという動機で医者になったの!」

つくづく男って競争原理に支配されていると思う。職業とは、そこで目立てるか、という基準で選ぶものなのか。

その分野で一番になることを目指すのはよくない。何番でも関係ない、自分の力を生かして自分なりのいい仕事ができればそれでいい。

少しでいいから世の中の役に立てたらいいな、というぐらいが、社会も本人も丁度いいと思う。がむしゃら、頑張りすぎ、働きすぎは絶対によくない。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所