• Ishikawa-legi

バイエル社の悪業


製薬会社バイエル社は第二次世界大戦中より数々の悪業で有名だが、今日また改めてそのうちの一つを見つけた。


https://youtu.be/wg-52mHIjhs

これは2006年 (たぶん)のNBCニュースだが、バイエル社は血友病患者に投与する血液製剤にわざとエイズ・ウィルスを混ぜ、「これは米国内では売ることはできない」と米国政府に言われて在庫があまり、フランスやスペインや日本に大量に売ったそうである。この血液製剤は血友病の子どもたちに注射されて、多くの子どもたちがエイズで死んだとこのニュースでは言っている。

これは陰謀話でもなんでもなく、正式に公表された話で、論文にもなっている。


もう色々なグロい話を聞きすぎて免疫ができ、少々のことでは動じなくなったが、このように正式発表を目にすると、しかも「日本に売った」と言う言葉を聞くと、やっぱりまた大ショックを受けてしまう。

亡き母が頭痛持ちでバイエル社のアスピリンを常用しており、私は小さい頃からあの緑色のにはなじみがあったから、なおさら傷つく。

なぜ「わざと」エイズウィルスを混ぜたのだっけ?どこかのネット記事で読んだことがあったが、忘れてしまった。血友病患者は繰り返し、繰り返し血液製剤を注射しなければならないから、作成した(*)エイズウィルスの感染率や発病率を試したくて、実験したのだったっけ?

*エイズウィルスはロバート・ギャロが作った人工ウィルスであり、バイエル社を含む一味はこれをばらまいてアフリカ大陸の黒人を全員抹殺しようとした。


https://youtu.be/HgiMqgjS-zM


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所