• Ishikawa-legi

連綿と受け継がれてきた悪魔主義


現代社会の裏に「世界を支配しようとしている集団」がいることは、そう考えないとつじつまが合わないことがたくさんあることから、十分納得ができた。

だが、いつまでも残る疑問は「なぜそんなに世界を支配したいのか?」という点である。全く理解に苦しむ。私は一分一秒たりともそんな欲望を抱いたことはない。

しかも文献によると、この人たちの起源は3500年前の古代エジプトの支配層であったヒクソスと呼ばれる人々であるらしく、そんなに長い間、よくそんなアホみたいな情熱を連綿と代々持ち続けられるなあと、逆に非常に感心する。

日本は3500年前といえば縄文時代にあたり、狩猟と漁労で自然と共生し、家族を守り暮らしていた。人の上に立って支配しようと思った縄文人は、恐らく一人もいないと思う。もしそんなこと企てた人がいたら、村では狂人扱いしていち早く排除しただろう。

それから何千年経っても日本人の心持ちは縄文人とそう変わらず、日々楽しく暮らし、季節の美味しいものを食べ、自然と死んでいけばそれで満足だ。

黄色人種でも、黒人でもなく、なぜ白人の中に、このような世界制覇を熱望する連中が生じたのか? 白人には「徳」という概念がないのか? 白人は「欲」しか持ち合わせていないのか? 我々黄色人種は本当にいい迷惑だ。


0回の閲覧

© 2016 石川レジティメシー研究所