• Ishikawa-legi

新幹線効果


子どもの運転免許の書き換えにつき合った帰りに、近江町市場でお昼ご飯を食べた。昔は帰省する前に近江町市場に寄って甘エビやカニを買って帰ったものだった。あの時は地元のおばちゃんたちが金沢弁でおしゃべりしながら夕飯のお魚を買いにたくさん来ていた。

それが今や、観光客でめちゃくちゃ混み合って地元民は近寄れなくなり、屋台でお寿司をつまんでいても、周りから金沢弁はおろか日本語さえ聞こえてこない状況になっていた。本当に驚いた。私たちのほうが、短時間だけよそに旅行に行ったような気分になった。

「新幹線がつくと、街が別物になるよ」とは以前から聞いてはいたが、本当に全く別の街になった。いいのか、悪いのか、今のところ判断つきかねている。


19回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所