• Ishikawa-legi

フィリップ殿下



http://www.lodgestpatrick.co.nz/famous2.php#ack

英国エリザベス女王の夫であるフィリップ殿下の数々の発言をみると、この人が自分のような殿上人と我々一般人との間に差別の線をくっきり引いていることがよくわかる。

フィリップ殿下はフリーメイソンのホームページにも載っている立派なフリーメイソンである。だからこの人の発言から、フリーメイソンとは何を考えているのかが非常によくわかる。自分たちだけが優秀で美しく素晴らしい、生きるに値する神のような存在で、あとの人たちは下品で軽蔑すべき畜生だと見下しているのだ。

下記は失言ではなく、わざと、故意に言っている本音である。

  • 「英国人女性は料理ができない」(1966年)

  • 「国民は、我々の生活にはもっと休みが必要だと言ってたくせに、今度は仕事がないなどと文句を言っている」(1980年代の不況時に発言)

  • 「あなたは女性ですよね?」(1984年ケニア訪問時、現地人女性に質問)

  • 「ここに長くいたら、目が細くなりますよ」(1986年中華人民共和国訪問時、西安に留学中の英国人学生に向かって)

  • 「生まれ変わったら、死のウイルスになって人口問題を解決させたい」(1987年、著書の序文で)

  • 「あなたたちはほとんど海賊の子孫なのではないのですか?」(1994年ケイマン諸島訪問時、現地人に質問)

  • 「なんとか食べられずに済んだのですね」(1998年パプアニューギニアを探検した学生に発言)

  • 「うん、この工事はインド人がやったに違いない」(1999年スコットランド訪問時、ワイヤーが外れたヒューズの箱を見て発言)

  • 「きみは太りすぎているから無理だろう」(2001年「将来宇宙飛行士になりたい」と語った12歳の少年に返答)

  • 「まだ槍を投げ合っているのですか?」(2002年オーストラリア訪問時、オーストラリア先住民ビジネスマンに質問)

  • 「どうやって免許取得試験中、スコットランド人は酒を飲まないようにするんですか?」(スコットランド訪問時、現地の自動車教習所の教官に質問)

  • 「このくそったれ!」(相手がフィリップと気付かず、駐車違反の切符を切ろうとした警察官に対して)

  • 「耳が聞こえない? このバンドの近くにいたら、不思議じゃないですね」(打楽器のバンド演奏の際、聴覚障害者に発言)

  • 「おお嫌だ。酷い病気にかかるかもしれないじゃないか」(オーストラリア訪問時、コアラを撫でるように頼まれた際の返答)

  • 「さっさと写真を撮れ、この野郎!」(バトル・オブ・ブリテンの75周年式典で写真撮影の際、撮影時間が掛かったことに対しカメラマンに発言)

  • 「イギリスでは、親が子供を学校に行かせるのは家に居させたくないからだよ」(2013年10月 マララ・ユスフザイがバッキンガム宮殿に招かれて学校教育の重要性を説いた自著を女王夫妻に手渡した際の返答。マララは笑って受け流した)


13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所