• Ishikawa-legi

フリーメイソンの名簿



http://www.lodgestpatrick.co.nz/famous2.php#M

フリーメイソンとは、一言で言えばヨーロッパの王族が雇ったガードマンのことである。

フリーメイソンは一見、エグゼクティブのための高級会員制クラブのように見せかけて、実は卑怯で汚くて残酷な工作をやらせる要員確保のための入り口機関なのだ。

ヨーロッパ王族はヨーロッパ全土の支配だけでは飽き足らず、アジアもアフリカも全世界を支配したいと欲した。しかしそれを実現するためには工作員が多数必要で、彼らはフリーメイソンやイルミナティや〇〇騎士団などと称する様々な養成機関を作った。

そしてそこに一般市民の中で才覚のある人をスカウトして招き入れ、役に立つようなら、「フリーメイソン33階級にしてやる。」などと言ってプライドをくすぐって、大金もやって、どんどん取り立てた。

そうやって上の方の階級に行くと、”津波を起こして日本人2万人を殺す計画”などに関わるようになり、断ると殺される。そんな仕組みだ。

このフリーメイソン・アイルランド支部のホームページに「有名なフリーメイソン」という名簿があり、これを見ていたら、扉に「あなたはこの中にいろいろな名前を見つけて驚くでしょう」と書いてある通りに、驚いた。


まず、当然のごとくマッカーサー将軍。これは驚かない。

続いて、ケンタッキーフライドチキンのカーネルおじさん。これは驚いた。噂は本当だった。フリーメイソンとなって、毒を食わせて人類滅亡計画の手助けをした?


チャーチル。これも驚かない。


ニュートンとエラスムス・ダーウィン(チャールス・ダーウィンの祖父):物理学や生物学にもフリーメイソンの悪の脚色が混ざっているから、気をつけないと。



ペニシリンを発見したフレミングもフリーメイソンだった!


モーツアルト、バッハ、リストよ、お前もか!崇高な精神世界に導いてくれる素晴らしい音楽、あれも悪の洗脳だったというのか?




アタテュルク!これもショック!アタテュルクは、オスマン・トルコを倒そうと虎視眈眈と狙っていたヨーロッパから送り込まれた刺客だった。


ミッチェルはアポロ13号・14号の乗組員だった。この名簿には宇宙飛行士の名前が他にもやたらたくさん載っている。なぜだろう?


リンドバーグも。彼がフリーメイソンであったことは有名な話。


プロゴルフのアーノルド・パーマー:スポーツも人類白痴化計画を手助けした。


「ピノキオ」の作者コロディも、「トムソーヤの冒険」マーク・トウェインも。児童文学にもぬかりなく魔の手を忍ばせるフリーメイソン。



「風と共に去りぬ」のクラーク・ゲイブルと「ピンク・パンサー」のピーター・セラーズ:この人たちに限らず、映画界のちょっと有名な俳優は全員フリーメイソンだ。スクリーン政策は人類白痴化に大変有効だから。



「シャーロック・ホームズ」のコナンドイル。中高生の頃に全作読んだ。こうやって私は用意周到に洗脳されていったのだ。


イギリス国王ジョージ6世。ヒトラーの異母弟と言われている。ちょっと似ている? ここまで堂々とフリーメイソンの正装されると、「はいはい、どうぞ。好きにして」としか言えない。男って弱いね…。


この名簿には他にもたくさん名前が載っているが、特徴的なのは、ズバリ、ありとあらゆる分野にまたがっている、ということだ。政治も財界も学会もスポーツも娯楽も芸術も教育も軍隊も宗教も、敵も味方も、人間社会の営みに関するあらゆる分野で目立つ人物を釣り上げて、自分たちの傘下にもれなく入れている。(断れば殺される)

この”くまなくぶり”が敵ながらあっぱれ。さすが目の付け所が違う。こんな人たち相手に日本人が勝つためには、やっぱり”あれ”しかないか…。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所