• Ishikawa-legi

日本人を動かす方法



『「話す力」が面白いほどつく本』の中に面白いジョークが出てきた。

「様々な国籍の人が乗った豪華客船が沈没しそうになった。早く海に飛び込んでボートに乗りうつらないと助からない。さて、各国の乗客に海に飛び込んでもらうためには、船長はどのような言い方をすればよいか?

 イギリス人に対しては、

「紳士ならば、飛び込みなさい。」

 アメリカ人に対しては、

「保険がかかっているので、安心して飛び込みなさい。」

 ドイツ人に対しては、

「船長の命令だ、飛び込め!」

 イタリア人は天の邪鬼だから、

「飛び込むな!」というと、逆に飛び込んでしまう。」

というジョークだ。

うちの子に「さて、日本人の場合はどのようにいえばよいか?」と質問したところ、すかさず、

「みんな飛び込んでいるよ。あなたも飛び込みなさい。」

と答えた。

うーん、日本人ならやっぱりこれだね。私も「みんなやってるよ」と言われたらすぐに飛び込むような気がする。この同調圧力をなんとか日本の今の状況を改善することに利用できないものか。


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所