• Ishikawa-legi

アンドロイド裸


近くの日帰り温泉に行った。そこでは何かアニメ関係のお祭りがあって、全国から”素人っぽい”若者が集まってきているらしく、お風呂にも何人か若い女の子が連れ立って入ってきていた。

そんな女の子たちを見て気がついたのだが、みんなすっ裸なのに、なんの恥じらいも気づかいも色気もないのだ。普段と同じ、洋服を着ている時と同じ感覚でただ突っ立っている。もちろん前を隠したりなんか絶対にしない。

そして洗い場が空くと、さっさとイスをまたいで裸の股を開けて座り、がちゃがちゃと洗い始める。横にいる友だちの裸にまったく遠慮もとまどいも見せず、洋服着ている時と同じテンションで付き合っている。まるで裸という着ぐるみを着ているみたいだ。

今の若い女の子たちはプロポーションがよくて、肌も本当にきれいだ。なのにそのまぶしいほどの裸が無機質、無感動で、なんの意味も持たない。

生殖と性が切り離されて久しいが、今度は性さえもアンドロイド化した。理想のシェイプのラブ・ドールが子どもを産めないように、若くてスタイルは良いけど楚々とした恥じらいのない裸に母となる希望は見いだせない。


https://youtu.be/lTaXtWWR16A

上は、アメリカの歌手マドンナのビデオで、マリー・アントワネットのようなロココ調のドレスを着て踊りながら、いきなりスカートをめくりあげる場面だ。

このビデオは1990年制作だが、性を生殖と切り離し娯楽化させることで人類の少子化を図る作戦は、こういうビデオを通して着々と洗脳が進められてきたことが、今になってみるとはっきり見て取れる。


26回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所