• Ishikawa-legi

東西と南北



「ある民族を弱体化させるために二つに分断する、そしてお互いにケンカさせる」

これは支配者たちがローマ帝国時代から属国に対して行ってきた常套手段だ。(ついでにいうと超個性の強いキャラクターを独裁者に仕立て上げるのも彼らの常套手段だ。)

分断された民族とは、東西ドイツ、南北朝鮮がそうである。そして地球全体を二つに割った例として資本主義と共産主義があげられる。

下の動画で音楽家の小野寺徹さんは、「東ドイツと北朝鮮と共産主義国は、ベルリンで定期的に会議を開いていた」と言っている。彼は日本人とドイツ人のハーフだそうだ。


https://youtu.be/BLRDTFHtB2k

この話は、嫌われキャラ同士が集まって作戦会議を開いて「どうやって派手にやるか」と協議していたということで、超面白い! 

作戦会議はドイツ語で行われていたそうで、この3者は全員がドイツ語ができるそうだ。そして今でもあるルートを使ってドイツ語メールでやりとりしているそうである。

手品も種明かししてしまうと、「なーんや、そうやったのか」と色褪せてしまうが、サタニストによる世界支配もバレてみれば、こんなもんにすっかりだまされとったんかと本当にあきれてしまう。


10回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所