• Ishikawa-legi

大騒ぎ


2年ほど前にはアメリカ社会は ”ピザ・ゲート&小児性愛” で大騒ぎだったが、それがさらに進んで、今年は”人肉食”で大騒ぎになりつつあるという気がする。

※ピザ・ゲートとは、アメリカの政治家などのエリートたちに子どもを娼婦として斡旋して性交させていた事件のこと。首都ワシントンのピザ店が児童買春の拠点となっていたことから、ピザ・ゲートと呼ばれた。主催者たちは性交の光景をビデオ録画して、後々にそのエリートたちを「言うこと聞かないとバラすぞ」と脅迫するための道具とした。

小児性愛も人肉食も、どちらも5000年以上前から白人のサタニスト支配者の間では継続的に行われてきたことであるが、ひた隠しに隠されていた。ところが最近、一般の社会人が覚醒し、怒り狂い、クーデターを起こしたことにより、支配者層のサタニストが社会から徐々に排除されている。

これに合わせて、彼らの狂った所業が少しずつ順番に明るみに出てきていて、今年は人肉食ということなのであろう。本当に胸糞悪い。「ヒューマン・ミート・ロッカー」という動画などは、見るとしばらく夜眠れなくなる。(あまりにひどいから、ここにはリンクを貼りません。各々が検索してみてください)

マジでこういうキチガイに5000年以上もだまされ続けるって、だまされるほうにも決定的に問題があったと思う。つまり私にも問題はあった。深く深く深く反省し、二度とだまされないようにしなければと思う。もうこれで終わりにしなければ。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所