• Ishikawa-legi

金沢マラソン応援おもしろかった



「金沢マラソン」の沿道応援に行った。面白かった。最初の速い集団はみんなすごくかっこよくて、中ほどはまじめで、後ろは拷問にあってる刑人みたいで、共通するのは全員がかっこいい色つきのランニングシューズを履いていたことだ。昔のような白い体育館履きを履いている人は一人もいなかった。

これだけランニングシューズが売れれば、メーカーは超もうかるだろうな、と思った。参加人数は1万2千人で、雨の中をみんな参加料1万円を払って参加している。徳島県など遠方からわざわざ交通費を払って来ている人もたくさんいて、すごいパワーだ。

まだまだみんな日常労働生活に押しつぶされずに、こんなにパワーを残していたということがわかってうれしい。毎日病院でグジャっと押しつぶされた人たちばかり見ているせいで、世の中全員がひどいのだと思っていたから。

東日本大震災の被害者数は1万8千人だったから、今日見た次々と走ってくる人たち全員プラス5千人が死んだわけで、すごい数の人が人工津波で殺された。でもまたものともせず平然と立ち直ってマラソンを楽しむ日本人のパワーって、実は大変な脅威なのにちがいないと思う。


22回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所