• Ishikawa-legi

被害妄想という病い



「NHKから国民を守る党」立花孝志さんの家にやってきた、北海道の60代男性”熊さん”の動画がアップされている。

https://youtu.be/mekX_TuL4ZU

これによると熊さんは4年前に立花孝志さんからツイッターのアカウントを消去されたそうで、そのせいで仕事も失い、離婚にもなったと主張し、立花孝志さんを相当恨んで、何度も深夜に電話したり、何度も上京してマンションに押しかけたりしているそうだ。

熊さんは「お前、ひどいやつだ!人をどん底の地獄に落としてよ!」「殺人者!」とさんざん罵っている。会話は全然かみ合わない。

こういう風にある特定人物をターゲットにして被害を受けたと主張し、何年も、何年も恨みを持ち続けてターゲットにぶつける、いわゆる「被害妄想」の人たちがいるが、これって治らないのか?

「エホバの証人が…」とか「ラーメン店主が…」とか、ずっと、ずっと言い続けて止まない。この熊さんみたいに離婚になって職も失って、人生ぶち壊しになっても止まない。「そこをゆずらなきゃ、どうにもならないよ」と言ってみても無駄に終わる。

なんか薬もあまり効かないし。というか、効かせたくないのじゃないか、ターゲットのせいにすることで帳尻合わせをしているのじゃないか、という風に見えることもある。

身体の病気も、精神の病気も、病気を乗り越えるというのは本当に大変なことなのだ。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所