• Ishikawa-legi

被害妄想という病い



「NHKから国民を守る党」立花孝志さんの家にやってきた、北海道の60代男性”熊さん”の動画がアップされている。

https://youtu.be/mekX_TuL4ZU

これによると熊さんは4年前に立花孝志さんからツイッターのアカウントを消去されたそうで、そのせいで仕事も失い、離婚にもなったと主張し、立花孝志さんを相当恨んで、何度も深夜に電話したり、何度も上京してマンションに押しかけたりしているそうだ。

熊さんは「お前、ひどいやつだ!人をどん底の地獄に落としてよ!」「殺人者!」とさんざん罵っている。会話は全然かみ合わない。

こういう風にある特定人物をターゲットにして被害を受けたと主張し、何年も、何年も恨みを持ち続けてターゲットにぶつける、いわゆる「被害妄想」の人たちがいるが、これって治らないのか?

「エホバの証人が…」とか「ラーメン店主が…」とか、ずっと、ずっと言い続けて止まない。この熊さんみたいに離婚になって職も失って、人生ぶち壊しになっても止まない。「そこをゆずらなきゃ、どうにもならないよ」と言ってみても無駄に終わる。

なんか薬もあまり効かないし。というか、効かせたくないのじゃないか、ターゲットのせいにすることで帳尻合わせをしているのじゃないか、という風に見えることもある。

身体の病気も、精神の病気も、病気を乗り越えるというのは本当に大変なことなのだ。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所