• Ishikawa-legi

寝なくていいのー?


あるお母さんが、少5の娘が夜12時過ぎに寝る夜更かしを続け、翌日は寝坊して毎朝10時半に登校するのでどうしたらいいかと相談に見えた。その子が夜ずっと起きているから「寝なくていいの?」と言うのだけども、寝ないのだと言う。

その子はお風呂にもめったに入らないという。お母さんは「『お風呂に入らなくていいの?』と言っても入らないから、臭くなって困る」と嘆いていた。

私が子育てをしていた時代は、子どもには「早く寝なさい」「お風呂に入りなさい」という言い方をしていた。どうしてそういう昔の言い方をしないのか、そのお母さんに聞いてみたら、「わーっという言い方が好きでないから」と答えた。

「しつけ」と「命令」は違うし、「叱る」と「怒る」は違う。「いいの?」と聞かれても、子どもはいいか悪いか答えられないし、そこを教えるのが親の仕事だ。親が子どもにお伺いを立てていたら、子どもはきちんと物事を行うことができなくなるのではないかと、老婆心ながらとても心配になった。

戦後GHQによって仕掛けられた”ゆがみ子育て”は、GHQが去った後にも、勝手にどんどん膨張し続けて日本の育児を破壊し尽くすと、江藤淳(1932年〜1999年)が予告していたが、その通りになった。


19回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所