• Ishikawa-legi

We're not gonna take it anymore♪



マイケル・ムーア監督の映画「華氏119」を見に行った。映画に出てくる大勢のアメリカ人が「こんなにおかしなシステムはもうたくさんだ!」と泣いて、叫んで、行動を起こしていた。

私も毎日理不尽なちょっとしたことにも、いちいち発狂しそうになるくらい、フラストレーション溜まっている。もうやってられない。いつまでこんなサタニストの押し付け官僚システムに耐えなければならないのか?

映画の最後はみんなでトゥイステッド・シスターズの「We're not gonna take it.」を歌っていた。私も声を合わせて一緒に歌った。


13回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所