• Ishikawa-legi

戸籍ロンダリング



昭和天皇は大正天皇の子ではなく、西園寺八郎という人の子だという説がある。大正天皇は先天性脳梅毒(明治天皇が遊びすぎて梅毒に罹患していたらしい)でお子ができなかったので、大正天皇のご学友だった西園寺八郎と貞明皇后を召し合わせたらしい。

裏方の策略を感じるのは、西園寺八郎は公家出身の体裁を取ってはいるが、生まれは長州藩の毛利元徳の八男だったという点である。彼は1899年に伊藤博文、井上馨ら(ともに長州藩)の仲介により、公家の西園寺公望の養子となった。そして2年後の1901年に昭和天皇が生まれた。

明治天皇(大室寅之祐)も長州の山奥から連れてこられた人であったし、昭和天皇にも長州の血が入っているとなると、徹底的に天皇家を長州化しようとする意図があるのを如実に感じる。長州は元は大内家という朝鮮系の人たちが治めていた場所であるから、長州化=朝鮮化でもある。

ではなぜ”裏方”は天皇家を朝鮮化しようとするのか?日本を乗っ取って『東朝鮮』にしようという動きがあるという話もちらほら聞いたことがあるので、その辺の計画の一環なのか?


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所