• Ishikawa-legi

若者サバイバルの確率は5割


ご招待でさる病院の忘年会に参加させていただいた。若い職員たちが楽しく歌ったり踊ったりして盛り上げてくれた。みんな素直で明るくていい職員さんたちで、この病院はいい病院だな〜と思った。

でも聞くと、今回は職員の半数しか参加していないのだという。では残りの半分はどうしたのか?夜勤中なのかもしれないけれど、中にはこういう宴会には出てこれない人というのもいるだろう。いわゆる対人関係が苦手、人の中に出たくない、というタイプか。

今や「対人苦手タイプが半分」というのは、この病院に限らず大体どこでもそんな割合なのだろう。私の周りを見渡してもそんなもんだ。

対人苦手タイプの問題点は、とても日本の人口増には貢献できそうにないことだ。たいてい独身でオタクで恋愛知らずで、結婚して子どもを持つなんてしんどすぎる。「このまま死ぬだけさ」「日本が滅んだって、それが何か?」と思っている。

ということは、残りの半分の明るい人たちで来るべき危機をなんとか持ちこたえて、日本をサバイバルさせなければ!がんばるゾ!


19回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所