• Ishikawa-legi

中間報告



2015年に覚醒した時に私は思った、「この戦いに私たちは勝つだろう」と。そしてその通り日本はどんどん変わってきて、インチキは少しずつ通用しにくくなり化けの皮がはがれて正体がバレている。もう間もなくリセットが始まり、人類最大の革命は成就するだろう。

そしてあの時に思ったのは、ここまでいい加減でインチキ社会になったのは私たちにも弱いところがあったからで、その弱点を治さねば、「またやられる!」

悪魔に深く付け込まれた日本人の弱点とはなんだろう?かつて日本人の持っていた美しい”思いやり&助け合い”の心が、「自分さえよければいい」「自分勝手にしていい」という心に、ここまで簡単にすり変えられてしまったのはなぜだろう?

今のところ思うのは、日本人の見栄っぱりな心が最大の原因だったのじゃないかと。他人からの村八分や仲間外れを極端に嫌う心の裏返しで、日本人は他人からの評価を異常に気にする。ここにすかさず付け込まれたのではないか。ならば、とことん見栄を捨てよう!

以前私は、「人の目ではなく”天の目”だけを気にして生きていこう」「天から与えられた使命があるから、それを果たそう」と思っていた。

でも最近はそれすらも思わなくなってきた。もっとアメーバ的にただ生きていこう、与わった運命をロボットのように機械的に生きていこう、という心持に変わってきた。年取ったのかな。少し疲れた。食べ物や水や空気に入れられた毒にやられたのかもしれない。


24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所