• Ishikawa-legi

予言:トレイ・ガウディは年明けに再臨する!



私のヒーロー、アメリカ下院議員トレイ・ガウディが初夏に姿を隠したことと、今アメリカ政府が閉鎖していることは関係がある。

アメリカ政府は今大そうじの真っ最中で、悪い奴を追い出してまともにリセットかけているところだ。年明けには新しい経営陣に入れ替わっていて、その中にトレイ・ガウディの姿を見ることができるだろう。彼はリセットの準備のために姿を消したのだ。

アメリカの次は日本の番だ。日本のリセットは来年5月の連休中に行われるだろう。日本にはトレイ・ガウディのような誠実で切れる(この二つを同時に満たすのは至難の技)人物がいないのが不安材料だが。


6回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所