• Ishikawa-legi

40年近く前の歌を歌って泣いた。


スーパー・トランプの”Take the long way home"という歌を動画で見つけて、繰り返し歌ってたら泣けてきた。

この歌は私が高2の時、アメリカにホームステイに行ったときに買ったレコードの中に入っていた曲だ。

40年近く経った今になってやっと、歌の意味が身にしみてよくわかる。この歌を書いたロジャー・ホジソンは若いのになんでこんなことがわかっていたのだろう。

やっぱり私は若いとき盲だった。ものごとの表面しかみていなかった。つくづくバカだった。やり直しはきかない。

Does it feel that your life's become a catastrophe?

Oh, it has to be for you to grow, boy

When you look through the years and see what you could have been

Oh, what you might have been,

If you had more time

So, when the day comes to settle down,

Who's to blame when you're not around?

You took the long way home

You took the long way home

あなたの人生が大惨事になったと感じるか?

ああ、それはあなたが成長するため必要なもの

年月を通して見て、もしもっと時間があったら

あなたがなれたかもしれないものを

あなたがなったかもしれないものを見るとき

そして、落ち着く日がくるとき、

あなたがそこにいないなら、だれのせい?

あなたは遠くへ帰った

あなたは遠くへ帰った


18回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所