• Ishikawa-legi

ニューイヤーコンサートに行ってきた



実家からの帰りの新幹線で「ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団」の団員たち約50人と乗り合わせた。長野公演を終えて福井へ移動中だという。

隣にはキアヌ・リーブス似の超イケメンのバイオリニストが座って、箸で駅弁を一生懸命食べていた。前の席の男性も負けず劣らずイケメンで、バレエダンサーだと言っていた。

私たちはこの人たちにサインをもらって、次の日の福井公演に行くことにした。

そして行ってきた福井公演。楽しかった!!クラシックコンサートなのに全然堅苦しくなくて、小難しくなくて、なごやかで明るかった。

途中で浮気症の夫をなじる奥さんの歌とか、大酒飲みの小娘のダンスとかをはさんであって、馴染みの曲も多かったし、とっても楽しめた。すごく元気が出た。隣の席の60代くらいのおじさんもノリノリで拍手していて本当に楽しそうだった。

こういう私たち一般ピープルのエネルギーというか、魂というか、は、いくらバビロンの悪魔主義者ががんばっても絶対に絶滅させることはできないし、私たちは大丈夫だと確信した1日だった。


23回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所