• Ishikawa-legi

地底人も宇宙人もどうぞ!



いろいろな人が「地球には宇宙人が来ている」とか「地球のマントルに地底人が住んでいる」とか言っている。いろいろな人というのは、元CAI 職員のエドワード・スノーデンや、メドヴェージェフ・ロシア首相や、カルムイキア共和国大統領のイリュムジーノフ大統領などだ。

https://youtu.be/rcK9pPpwbNo

ロシアのプーチン大統領なんか常に二つのアタッシュケースを持ち歩いていて、一つには核ミサイルのボタンが、もう一つには宇宙人の地球訪問の資料が入っているのだという。それは国家機密で、代々大統領が受け継いできたもので、プーチンも退官のときは次の大統領に手渡すのだという。

この手の話を聞くたびに「それがどうした?」といつも思う。どこが”国家機密”なのか? 宇宙人が来ていようが、地底人が地面の下に住んでいようが、私は全然かまわないし。この地球に住んでいる人みんなが助け合って生きていければ、何人だろうといいじゃない、と思う。

宇宙人と仲よくなりたいよ、本当に。きっとブッシュやヒラリーや安倍なんかよりずっとはるかにいいやつだろうと思う。そんなこというなら、うちのダンナのほうがよっぽど宇宙人だ。

もしもこの話が、”彼ら”が自分たちの正体を暴こうとする私たち一般人を怯えさせようと思って仕掛けているのだとしたら、それは少なくとも私たち女性に対しては無効だと思う。女性は宇宙人や地底人なんかよりずっとやっかいな者(夫)と常に対峙しているから、そんなもん、ぜんぜん恐くないから。


47回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所