• Ishikawa-legi

オウム真理教「ヴァジラヤーナ・サッチャ」第6巻(1995年1月)


オウム真理教の発行した雑誌「ヴァジラヤーナ・サッチャ」第6巻(1995年1月)は

現役で活動するフリーメーソンのメンバーを顏写真付きで暴露した。

 -完全世界征服!ユダヤの野望-

    「ヴァジラヤーナ・サッチャ」は 人類五十五億人を代表し、此處に正式に宣戰布告する。 美辭麗句の影に隱れて、人類を大量虐殺し、洗腦支配する事を計劃してゐる、 「闇の世界政府」に對して!

暗黒帝王 小澤一郎 沒落大名 細川護熙 三日天下 羽田 牧 第六天魔 池田大作 傀儡皇帝 平成天皇 地獄大使 小和田恆 死の丁稚 明石 康 亡國后妃 小和田雅子 難民殺し 緒方貞子 家畜の父 文鮮明 極惡用心 笹川良一 電波藝者 デーブ・スペクター 米國問屋 中曾根康弘 人間原爆 大前研一





この雑誌を見ると、1995年にしてすでにこのブログと同じようなことが書いてある。この頃私は体制の真っ只中にいて、抗がん剤を投与して白血病患者さんを殺しまくっていたというのに!

私は自分の洗脳の深さというものを深く、深く悔いている。「仕方ない」では済まされない。なぜオウム真理教のようにここまで暴露した人たちがたくさんいたのにこういう人たちの言葉に耳を貸さなかったのか、なぜここまでだまされたのか、彼らの洗脳テクニックをきちんと検証していくことが私の贖罪になると今は思っている。


63回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所