• Ishikawa-legi

”結局、あなたや私がケネディを殺した”



ローリングストーンズの歌で好きなのが「Sympathy for the Devil」で、中でも

I shouted out

"Who killed the Kennedys? ”

When after all

It was you and me

のフレーズが好きだ。 上の写真はローリングストーンズのライブでミックジャガーがちょうどこのフレーズを歌ったときに、「ウオーッ!」とこぶしを握って顔を覆う男性客の姿だ。私だけでなく、やっぱりみんな、このフレーズを聞くとこんな気持ちになるんだ。

https://youtu.be/lj6y6tohW_0

ケネディ大統領は政府紙幣を発行して、銀行券を発行する民間中央銀行マフィアの逆鱗に触れたために殺された。

この連中に逆らって殺された人たちはたくさんいる。リンカーン大統領だって、日本の総理大臣の橋本龍太郎だってそうだ。みんな私たちのためにあいつらと戦って殺された。

でも結局思うのだが、奴らの悪業を見て見ぬ振りした私たちも悪い。私たちは何も手を講じなかった。それどころか調子に乗ってバブルに浮かれた。「お医者様」とか言われてちやほやされてバカみたいに浮かれてた。そういう意味で私たちがケネディーズを殺した。


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所