• Ishikawa-legi

正直に仕事をすると排除される。



東京で気象庁のエリート官僚だった横山博文氏は、2011年3月11日東日本大震災にあたってNHK記者会見で「地震波形を解析した結果、連続して3つの巨大な地震が起きていたことがわかった」と正直に発表したがために、翌日鹿児島に飛ばされた。以来ずっとドサ廻りだ。

気象庁横山博文氏経歴(Wikipediaより)

  • 気象研究所地震火山研究部

  • 2003年 気象庁地震火山部地震津波監視課課長補佐

  • 文部科学省研究開発局地震・防災研究課地震調査管理官

  • 2006年4月1日 札幌管区気象台技術部長

  • 2008年4月1日 気象庁地震火山部火山課長

  • 2010年4月1日 気象庁地震火山部地震津波監視課長

  • 2011年4月1日 鹿児島地方気象台長

  • 2014年4月1日 気象研究所地震火山研究部長

  • 2015年4月1日 沖縄気象台長

  • 2016年4月1日 福岡管区気象台長

自然の地震は1回だけだ。同時に3回も起きるなんて自然界では絶対にありえない。ということは、横山課長は「爆弾が3つ爆発した」とテレビで全国に公言しているようなもので、これを言われたら犯人はとても困る。

https://youtu.be/OhTwIJp35bc

NHK解説主幹だった長谷川浩氏は、2001年10月10日に放映された9.11同時多発テロをテーマにしたNHK特別番組「あすを読む:新しい戦争と世界」の中で、「世界貿易センタービルに勤務するユダヤ系の職員のほとんどが、9.11のまさにその朝に奇妙にも欠勤していた」と語り、犠牲者の中にユダヤ人が一人もいないという事実を指摘した。

5日後の10月15日に同氏はNHK放送センタービルの下で死体で発見された。ビルの自室の窓から転落した(させられた?)と見られている。


このように「真実を語ったら、支配者層から消された」という例は枚挙にいとまがない。

普通にシャバで働いている男性は、正直にまじめに仕事をしたために排除されるということを実際によく見聞きしたりしているのだろうか?

私たち女性は最初から排除されているため、よくわからないのだ。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所