• Ishikawa-legi

「私のできた赤ちゃんは悪魔ですか?」


17歳の女の子が妊娠してしまった。その子はしばらく前から「生理が来ない」「吐き気がする」と訴えていたので、私はお母さんに「娘さんは妊娠しているかもしれない」「妊娠していた場合、どうするか考えておいてください」と告げてあった。

なのにズルズルと妊娠検査せず、とうとうお母さんが「今すぐこの場で検査しなさい」とせまり、自宅トイレで検査させた。そしたらやっぱり陽性に出た。

お母さんはそれを知って、泣き崩れ、取り乱した。

お母さんの様子を見た彼女は、静かに言った。

「そんなに取り乱して。私のできた赤ちゃんは悪魔ですか?」

結局赤ちゃんの心音は確認できず、流産になったのだが、私は彼女のその言葉が忘れられない。親がどこまでも自分本位なのだ。前々から言ってあったのにもかかわらず、どうしてそこまで取り乱したのか。いくら考えても、親は自分の対面のみを大事にしているようにしか思えない。

彼女は、親がそもそも自分本位でかまってくれず、さびしいから街に出たのだ。そして街で同じようにさびしい相手を見つけて身をまかせると、その相手が自分を喜んでくれたから、ずっと母に甘えたかったその代わりに甘えたのだ。

娘のその心理を理解することを徹底的に回避する親の姿勢が、私には故意としか見えず、「日本総自己中で滅亡もやむなし!ディープ・ステートよ、あんたの勝ち!」と思った一日だった。


28回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所