• Ishikawa-legi

自立させ屋 紆余曲折


ここへきて急にバタバタと、二人の患者さんが(精神的)自立を成し遂げた。私はずっとヒトラーの計画「未成年者で社会をいっぱいにする」を破ろうと挑戦しているが、なかなか成功しなかった。

それが同日に二人の40代男性が相次いで、「もうお母さんのことはいい。」「みんなの仕事に迷惑かけた。」「これからは面倒見のよい人間になりたい」などと、殊勝なことを言い出したのだ。

おどろき桃の木!昨日まであんなに「お母さん、お母さん!」「お母さんがいないと生きていけない」「主治医を変えろ」と連呼していたのに。どうしちゃったの!

実はここに至るまでに大変な苦労があったのだが、それはもういい。男の人ってしっかりしてくると本当に凛々しく見えるのだ。よかった、よかった。


19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所