• Ishikawa-legi

森永乳業の陰謀


産むだけでは母になれない。

産んで育てて初めて母になれる。

そして子は人になれる。

今の日本の母たちが夢中になって行っていることは、育児ではなく、飼育だ。

子どもを徹底的に管理して、見た目も性格も学力も優良に仕上げる。

しかし飼育では、子は人の心を持つことができない。

以前、23歳の引きこもりの子を持つお母さんに「それは飼育です」と言ったことがある。でもお母さんは飼育をやめられなかった。頭ではわかっていても、心ではわからないみたいだった。

たぶんそのお母さんも、自分のお母さんから飼育されたのだ。詳しく調べていないのでわからないが、4〜5世代前の大正時代くらいから子育てが狂わされてきている。

粉ミルクも”ひとでなし”製造に一役買っているが、粉ミルクが初めて発売されたのが大正時代だからだ。粉ミルクはわざと人になるような成分を抜いてあり、これをうちの外来では「森永乳業の陰謀」と呼んでいる。


26回の閲覧

最新記事

すべて表示

「母としての自信がない」

幼稚園の先生方に「AI管理子育ての弊害」と題してお話をしてきた。現代の親の子育てはまるでAIのように完璧に正確に緻密に子ども達を管理している、という話だ。 休憩時間に一人の先生がスーっとよってきて話しかけてきた。「私も自分の子どもたちをAI管理している。子どもたちに悪いと思うが、やめられない。不安で不安でしかたがない。母としての自信がない。」 私には彼女の最後の言葉がどうしてもわからなかった。紛れ

「お金が人生で一番大事」

またショックを受けた。いちいちショックを受けていたらこの仕事はできないのだけど。 「お金が人生で一番大事」と答えた17歳の引きこもり男性がいた(もちろん粉ミルクで育てられた)。 すると、彼の両親が「そう答えるのは普通のことで、私らはなんとも思っていない。今の中学生の50%くらいはそういう考えだし。」と言ってのけたのだ。 私は「みんなが拝金主義だからって、自分の子も拝金主義でかまわないということはな

Formula-Fed Babies

最近ショックだったことは、母乳だけで1歳まで育てられた人は現在の人口の約4分の1しかいないことだ。あとの人は粉ミルクか混合栄養で育った。うちの夫も粉ミルクで育った。 オックスフォード大学の研究では、母乳だけで1歳まで育てられた人のほうが、30歳になった時に学歴もIQも収入も高いそうだ。 他にも海外には母乳で育った人と粉ミルクで育った人の比較研究がたくさんあり、どれも母乳のほうが知性やコミュニケーシ

© 2016 石川レジティメシー研究所