• Ishikawa-legi

森永乳業の陰謀


産むだけでは母になれない。

産んで育てて初めて母になれる。

そして子は人になれる。

今の日本の母たちが夢中になって行っていることは、育児ではなく、飼育だ。

子どもを徹底的に管理して、見た目も性格も学力も優良に仕上げる。

しかし飼育では、子は人の心を持つことができない。

以前、23歳の引きこもりの子を持つお母さんに「それは飼育です」と言ったことがある。でもお母さんは飼育をやめられなかった。頭ではわかっていても、心ではわからないみたいだった。

たぶんそのお母さんも、自分のお母さんから飼育されたのだ。詳しく調べていないのでわからないが、4〜5世代前の大正時代くらいから子育てが狂わされてきている。

粉ミルクも”ひとでなし”製造に一役買っているが、粉ミルクが初めて発売されたのが大正時代だからだ。粉ミルクはわざと人になるような成分を抜いてあり、これをうちの外来では「森永乳業の陰謀」と呼んでいる。


26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所