• Ishikawa-legi

上海バブル



上海は人口2400万人もいるが、見かけるのはほとんど若い人たちばかりだ。年寄りはどこにいる?

32歳中国人ガイドの女性は、「私の親は田舎にいます。」と言っていた。彼女はもちろん一人っ子だ。親を置いて都会に来て暮している。独身で「結婚したいけどねー」と言っていた。

ということは、今はお金がたくさんあって、ハイテク超高層ビルばかりで、大型高級車(ベンツとBMWばかり走っている)を乗り回して、景気よくて、クールでいいよ。

でもあと30年したらどうなる? 日本と同じ少子亡国になるのではないか? 中国は日本と同じ手口でやられているのではないか?

若い人たちを田舎から引っぺがして大量に連れてきて、都市で集中的に働かせて高度成長させ、バブル饗宴を味あわせて踊らせ、太らせてから食う、みたいな。

私はずっと、中国13億人もの人をどうやって洗脳するのか、無理ではないかと思っていたが、きっと1億人も13億人も洗脳するのは同じなんだ。簡単なんだ。

女性ガイドさんはしきりに「金持ちがえらい、官僚がえらい」みたいな、かつてのバブル期の日本のような価値観を連発していた。

「それは危ないよ!日本の二の舞になるよ!」とLINEで教えてあげたかったが、残念!中国ではLINEは使えないのだった。YahooもGoogleもFacebookも使えない。

私は英語のYouTube動画から結構情報を仕入れてきたことを考えると、ある意味、情報遮断もかえってよくないかもと思った。


14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所