• Ishikawa-legi

借金漬け&弱体化&奴隷化



2018年3月、当時の米国長官レックス・ティラーソンは、アフリカに過剰な投資を繰り返す中国を次のように非難したそうだ。

「中国の投資は、アフリカを借金漬けにし、主権を弱体化させ、自立的な成長を阻んでいる。」(Wedge March 2019)

これを読んで私は、

「はああああ??? それはあんたやろ!!」

と思った。

アメリカのやってきたことこそが、世界中を借金漬けにし、主権を弱体化させ、国民を奴隷化させた。おそらくティラーソンは自分たちが言われた悪口をそのまま中国に向けて放っただけなのだろう。私の周りでも時々そういう人がいるから。

かえって彼のこの言葉を聞いて、私たちは「あ、やっぱり確信犯なのねー」と確信するのだ。


20回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所