• Ishikawa-legi

みんながバカでなければ許されない国、日本


去年訪れたチェコでは、チェコ人の一人一人の自覚の強さと確かさに大変驚いた。おそらくこれは、幾たびも民族を襲った血の粛清をくぐり抜けてきた、その覚悟ゆえのことだと思う。

今年行った上海では、中国人には”知の階級”があって、知性によって密かにレベル分けがあるのを感じた。仙人のような賢い人は何があってもどの時代でも生き残るが、バカな人はざっくり犠牲になるのだ。

まるでトカゲがしっぽを切り落として逃げるように、中国はバカな人たちをわざとおおぜい犠牲に差し出して、すっかりワナにはまったように見せかけて目くらましをかけ、その実、国自体は生き残るという手法を用いている。このやり方はチェコ人とは若干違う。

翻って我が日本では、みんなが同じようでなくてはならず、抜け駆けは許されなかったため、結局全員が絶滅させられた。はっきりいうと、みんながバカでなくては許されなかったのだ。これでは世界に類を見ない、大バカ民族だ。


36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所