• Ishikawa-legi

日本人の真面目さ


日本人は狂ったように真面目だ。毎朝、毎朝、遅刻しないように早めの時間にきちんと通勤する車列を見て、つくづくそう思った。

今年晴れて社会人となったうちの子は、朝6時半に家を出て、夜8時半に帰ってくる。13時間労働だ。アウシュビッツだって11時間労働だったのに。

「先輩が言ってたけど、会社では真面目な人からつぶれていくって。」

「真面目な人ほど、ちょっと注意されたら傷ついて会社に行けなくなるって。」

と、ぽつり、ぽつりと子どもが話す。

この狂気の沙汰の真面目さからこぼれてしまう人というのは、案外多いにちがいない。こんな世の中にしたのは、間違いなく私たちだ。


49回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所