• Ishikawa-legi

ある程度、仕方ないね。



https://youtu.be/raZ_KMpg7DE

ノートルダム寺院の火災はDEWによるものではないか、と書いたが、さっそく同じことを言っている動画が様々な証拠とともに次々とアップされている。上記はその一例である。

中には「悪魔儀式の犠牲として行われた」と言っているものがあるが、私はそうではなくて、やられたらやり返す”報復”ではないか、とみている。

ノートルダム寺院は”壮麗で偉大な”寺院であるが、よく考えてみれば、そんな風な位置づけにしたのは、悪魔崇拝のバチカン・カトリックだ。

バチカン・カトリックは我々から巻き上げた大金で大きな建造物を造り、長年かけて我々の意識をそういう具合に仕向けて、観光パンフレットにも大々的に載せて、美術書にも載せて「まいったか!これでもか!」とばかりにグレートさを見せつけた。

そう考えたら、バチカン対??の争いで勝手にドンパチやった結果、バチカンがやられて寺院が燃やされたって、「仕方ない」としか言いようがないかもしれない。

人工太陽(Sun simulator)によるターゲット攻撃の原理(Wikipediaより)


https://en.wikipedia.org/wiki/Solar_simulator


下の写真;ノートルダム寺院内部に破壊ビームが照射されているのが確認できる。

https://twitter.com/BreakingNLive/status/1117922854715236352





29回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所