• Ishikawa-legi

山言葉



「山怪(参)ー仙人が語る不思議な話」(田中康弘著)を読んだ。

昔から山で暮らす人たちは山に入ったら里言葉を使ってはならず、山言葉を話さなければならないそうだ。

そして里では絶対に山言葉を話してはいけない。だから部外者は山言葉を聞くことはできない。

山言葉とは一体どんな言葉だろう? 英語みたいなのか? 中国語みたいなのか? 興味津々だが、部外者でしかも女の私がそれを知ることは絶対にできないだろう。

一つだけこの本に載っていたのが、「アビラウンケンソワカ」で、これは阿仁マタギが山で唱える言葉らしい。なーんだ、ちゃんと日本語話者用の発音(浅い息で口先で発音する)の言葉だ。よかった。

同じく、日本には商売の時だけ使う「商い言葉」みたいのがあるらしくて、これは年配の患者さんに唱えてもらったことがある。これもちんぷんかんぷんだが、発音は日本語と同じような発声法の発音だった。

山に入ったら山言葉で話さなければいけないなんて、言葉の持つ力というのは本当に不思議だ。


22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所