• Ishikawa-legi

楽しいセレブ生活


今の医療制度は、欧米の巨大製薬会社ありきの制度である。医者の高給は、高額な薬を患者に処方することを前提としての高給であるし、厚労省の役人は、定年後に製薬会社に天下りして高給もらえることを前提として、製薬会社の言うがままの制度を作ってきた。

医療制度は本来、人々の病気を治すことが目的であるべきなのに、誰もが金儲け&ステータスを追求した結果、当然のごとく瓦解した。

私が歯がゆく思うのは、仲間の開業医の先生が全くそれに気づかず、相変わらずセレブ生活を謳歌していることだ。楽しいセレブ生活がこのまま永遠に続くと思っている。破滅はもうすぐそこまで迫っているから、早くなんとかしなきゃいけないのに。

きっと、医者で金儲けできなくなったら、他の儲かる仕事に鞍替えすればいいと思っているのかもしれない。他に儲かる仕事なんてないのに。国民全体が沈没させられたのに。

誰もがみんな、今の仕事で立ち直らなきゃいけない。意識改革が必要だ。医者なら金儲けではなく、患者を治すことに専念すべきなのだ。


51回の閲覧

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所