• Ishikawa-legi

不正選挙ー腐性選挙


これは衝撃だった。大阪府会議員に立候補して落選した女性Aさんが、自身が投票現場で目撃した不正選挙のさまざまな手口を暴露したのだ。

開票場である職員がおもむろにテーブルの下から大量の大阪維新の会の候補者名が書かれた投票用紙の入った”箱”を取り出して、実際の投票用紙と取り替えた。

投票用紙の名前を読み取りカウントする”計数機”が突然4台同時に「壊れた」とアナウンスがあって、すぐさま新しい4台の計数機と取り替えられた。その後、急に大阪維新の会の候補者の票が伸びて逆転勝利した。

数カ所の開票場のそれぞれの候補者の得票数が送られてくるコンピュータがあって、そのコンピュータがハッキングされ得票数が改ざんされた。

Aさんによると、得票数を改ざんして何が何でも大阪維新の会を当選させたい勢力がいて、その勢力は首都を大阪に移したがっているそうだ。

首都を大阪に移そうがどうしようがかまわないが、その話を金と利権と欲まみれの連中が国民を欺いて裏で勝手にやっているところが大いに問題だ。当然、明るいところに出してみんなで議論を重ねながら進めるべきものなのだ。

Aさんも言っていたが、◯◯党とか◯X党とか関係なく裏でみんなつながっていて、すべて腐りきっている。どうにもならない。日本人は欲深過ぎたのだ。

https://youtu.be/gup8pVgP_7k

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所