• Ishikawa-legi

義務教育不必要論

教育を”義務”にするのは、もうやめたらどうか。勉強したい人だけ無償で学校に行けるようにしたほうがすっきりすると思う。

小中学校を”卒業”しても、全く学力が身についていない人が溢れかえっている。時計の読み方も知らず、九九も言えず、アルファベットも読めない。

こういう人にとっては、ちんぷんかんで何言ってるかわからない授業でじっと座っていることは苦痛でしかないだろう。でもとにかく”義務”だから、授業中しゃべってようが何してようが卒業はできる、ってまったくナンセンスだ。

知的に障害を持つ子の親が「特殊学級に入れと言われた!」と憤慨して、無理して普通学級に入れるという話もよく聞く。そういう場合は初級程度のことを教えるクラス、中等度クラス、高等クラスと分けて、初級クラスのみ行くようにすればいいと思う。

小中学校では先生が生徒を廊下に立たせるのは禁止だという。なぜなら先生には教育を受けさせる義務があるからだそうだ。生徒のことはうっちゃって、全くわけわからないことになっている。

44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所