• Ishikawa-legi

「好意は社会的動物である人間の生存条件」

なぜ粉ミルクで育つとひきこもりになりやすいのか?

もちろん成分の問題もあるだろう。赤ちゃんの頃に脳が発達するのに必要なある種の成分を、粉ミルクは(わざと)欠いているのかもしれない。

その他に、母親側の愛情の質の問題があるだろう。母乳を与える時よりも粉ミルクを与える時の方がどうしてもやはり距離が空く。

人生の超初期に母親から十分な愛情を受けていないと、自信や勇気は育ちにくい。自信や勇気がないと、一人で生きていけず、対人関係を築けず、ひきこもりになりがちである。

「好意は社会的動物である人間の生存条件」と読書猿さんは書いていて、私はものすごく納得した。好意を受けていないと生存できないのだ、人間は。

https://readingmonkey.blog.fc2.com/blog-entry-510.html

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所