• Ishikawa-legi

インカ帝国滅亡の理由


「インカ帝国がスペインに滅ぼされたのは、運が悪かったせい」と言っている動画を見た。

https://youtu.be/MVfm3STFQRg

スペイン人ピサロがたった168人の兵士を連れて、八万人の兵士を従えるインカ帝国皇帝アタワルパに会見したとき、ピサロはインカ帝国を襲う口実を探していた。そしてアタワルパはまんまとそれに引っかかった。つまり聖書を投げつけたのだ。

「これが神の言葉だというのか?全然しゃべらないではないか。」文字を持たないインカ文明の皇帝にとって、聖書が神の言葉だと言われても、全くハテナ「???」なんのことやらわからなかったのだ。

アタワルパが聖書を投げつけたことで、ピサロには「神を冒涜するものは撃っていい」というバチカンのお墨付きを得たことになった。これを合図にピサロはアタワルパに飛びかかって彼を捕らえ、ここで人口1500万人のインカ帝国の滅亡は決まった。

これは「運が悪かった」というより、「人がよかった」からではないかという気がする。インカ帝国の人間は日本人と同じように人がよかったのだ。人を疑わないからあっさりやられた。

文字を持たなかったのも、必要なかったからだろう。言葉は人間の武器だから、武器は戦いに備えて十分に手入れし訓練しておかねばならない。日本人はボヤボヤしているうちに乗っ取られてしまった。1億2千万人があと何年かで0人になるかもしれない。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所